今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【注目】当サイトでクリスマスプレゼント付きアンケートを実施中です!

「ごはん大盛り無料」問題

これ、読みました。ちょっと誤解されそうなタイトルなんですが、中身には同意できます。

ごはんはちゃんと残しましょう。 – COPYWRITERSBLOG

この中に出てくる「世界にはごはんが食べられない人もいるんですよ」。誰もが一度は言われたことのあるこのセリフ。「アフリカのような他の貧しい国では、食べたくても食べられない子もいる、だから残すなんて贅沢だ、全部食べなさい」という流れですね。これを読んでパッと思い浮かぶのは、ダウンタウン松本人志の返しですね。

松本人志「アフリカの子供でも、腹いっぱいになったら残すわ!」

一番納得感のある返し。こんな返しができるようになりたい。。。

ちなみに、僕はほぼ毎日外食しているので、社会人になってからどんどん太っています。食べる量も増え、出されたご飯を残すということはほとんどなくなりました。しかし、初めて行った店では量のことを考えますね。たとえ大盛り無料でも、普通の量で注文します。大盛りにしておいて残すというのが一番問題ですからね。それは避けないといけません。

そういう意味では、「ごはん大盛り無料」よりも「ごはんおかわり自由」というほうが親切ですね。一杯目を食べてから、もうちょいいけそうか、一杯目でやめておくか、判断できますからね。そもそも、ご飯がおいしくないというリスクもあります。おいしくなかったら、大盛りごはんが味方から敵になりますからね。初めてのお店では普通の量にしてリスクを抑えるべきですよね。

あと、「カレーの辛さ問題」もありますね。中辛、辛口、激辛。わりと辛いのも食べれるんですが、いきなり激辛なんて頼んじゃって辛すぎて食べれないとなるのは危険。なので初めて行くカレー屋さんも、辛さ控えめでオーダーしますね。

こういう調整をして、それでも量が多かった場合には残すこともありだと思いますね。「作った人に申し訳ない」っていう意見もあると思いますが、苦しいのに頑張って食べる、いやいや食べる、そんな姿を見て、作った人が喜ぶのか、っていう話ですよね。たぶんそんな姿を見たら「そこまでして食べなくてもいいよ」って作った人は言うと思いますね。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど