今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【注目】当サイトでクリスマスプレゼント付きアンケートを実施中です!

勉強することに疑問を持つ時点でダメなのか?

最近、この2つの記事を読んだ。

子供の「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」という問いかけに大人はどう答えれば良いのだろうか – 心がよろけそうなときに読むポンコツ日記

子どもに「なぜ勉強しなくてはならないのか」と問われたら。 – スズコ、考える。

個人的には、2つ目の記事に書いてあることがおもしろいと思った。子供は質問への解答が欲しいんじゃなくて、勉強の大変さを分かって欲しいと思ってるんじゃないか、と。その発想はなかった。女性の悩み相談は、話を聞いてもらうためにやっているのであって、マジレスを求めてるんじゃない、ってのと似てる。

上の2つの記事のコメントを見ると、「なぜ勉強しなくてはいけないのか、という質問が出てる時点でダメ」とかいう意見があるけど、そんなことはないと思う。それが好きなことだったとしても、立ち止まって、意味を確認したくなることはあるはずだ。

例えば、絵を描くのが好きで、ずっと絵を描いてる子がいたとする。その子だって、いつかは「なんで絵を描いているんだろう」って自問する時が来る。それは、単に飽きた時かもしれないし、他のことに興味がわいた時かもしれないし、自分よりもすごく上手に描く子が現れた時かもしれない。または、好きな子が「絵が上手な子よりも、かけっこが速い子の方がかっこいい」と言ってた、とかかもしれない。特に最後のは、半生を振り返るに値するほどのダメージがある。

たとえ好きなことをやっていたとしても、何かのきっかけで立ち止まることは、誰だって経験あると思う。そこであきらめちゃう人もいるし、やり続ける人もいるし、答えの出し方はバラバラだけど、「疑問が出る時点でダメ」ってことはない。むしろ、その疑問に答えが出せれば、そっから先の成長曲線は上昇すると思う。というか、「疑問が出ない方がダメ」な気がする。ずっと集中できる人なんてこの世にいないが、集中力が切れたときに、自分の行動を客観的に見れないから、疑問が出ないのだろう。

好きなことでも疑問が出るんだから、勉強が好きかどうかにかかわらず、「なぜ勉強をするのか」って疑問に思うことは、全くダメなことではない。

共有:
広告
関連する記事
勉強することは、光をとりいれるということ | 今日も8時間睡眠
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど