今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【注目】当サイトでクリスマスプレゼント付きアンケートを実施中です!

死ぬまで15万の給料だと、死ぬ前に死ぬ

週休4日で15万の仕事をするという「ゆるい就職」が、少し前から話題になっていますね。

ゆるい就職:若者が正社員で働くのは「負け」 慶大助教が提案 – 毎日新聞

で、こういう新しいものに対しては、反対意見が出てくるものです。

僕が「ゆるい就職」を許せない理由 – 言いたくないけど、僕が青二才です

僕も、この「ゆるい就職」には反対です。仕事のできる人が週休4日で働くというのはありだと思います。しかし、まだたいして仕事もできないのに週休4日でやっていると、仕事ができるようになるまでにすごく時間がかかってしまいます。仕事で存在感を出すのが困難だし、転職するにもスキル不足、スキルが身についたころには歳をとっている。つまり、次の選択肢がすごく狭まってしまう可能性が高いんですね。なので、反対です。

ただ、最近のブラック企業関連のニュースを聞いてると、「ゆるい就職」のような選択肢をとりたくなるという気持ちはわかります。死ぬほど働くよりも、最低限の生活ができるくらいの働きでいいんじゃないか。「ゆるい就職」には反対だけど、こういった働き方の登場は、仕方のないことなのかもしれないです。

さて、上の記事で、少し気になるところがあったので、その部分を引用したいと思います。

ずっと続けていける生活ではないから、「ゆるい就職」をするならその後の人生をどう生きていくか考えた準備が絶対に必要!

死ぬまで15万の給料だと、死ぬ前に死にます。結婚も子育ても難しいし、病気や老後もかなりピンチです。なので、将来についてどうしていくかを考えておかなければいけません。が、これは「ゆるい就職」かどうかにかかわらず、社会人全員に当てはまります。

会社が社員を死ぬまで面倒を見ることは、もうありません。会社が生き残るためには社員を切ることなんて、これからも普通に起こります。正社員だから安定とか安心とか、そういうのはもはや都市伝説だと思って生きていかないといけません。

ありふれた結論ですが、環境に変化できるように、選択肢を増やしておいたりスキルアップしておくことが、すべての人に必要なんでしょうね。ちなみに、僕は無職です。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど