今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【注目】当サイトでクリスマスプレゼント付きアンケートを実施中です!

「高い給料」が転職の志望動機の回答になりうる場合

これ読みました。

中途採用面接で、志望動機を聞かれて「もっと給料が欲しかったからです」と回答した人がいた。 | Books&Apps

中途採用面接で応募者に転職理由を聞いたところ、「給料」と答えた、と。一般的に給料を志望理由に挙げるのはよくないとされているが、そんな先入観は不要だった、という内容。実際この応募者は無事入社して活躍しているらしい。

はてブコメントには、「面接で給料の話をするのは当然だ」という意見が多いです。もちろん、お互いの条件を確認する場面では、給料の話が出てくるのは自然です。しかし、重要なのは、「【志望動機】を答える時に給料の話をした」という点です。

これがよくないとされるのは、「給料が高い方がいいのは当たり前で、志望動機になりえない」という考えから来ていると思います。しかし、この応募者はそれでも「給料が志望理由」になる理由を説明しています。それがこの部分。

エンジニアとして10年やってきて感じたのは、「やりたいこと」を言って、それが叶うことは殆どなかった、ということと、「とりあえず何の仕事でも、一生懸命やれば楽しかった」ということです。

「どんな仕事でも懸命にやる、それなら給料が高い方がいい」という経験に裏打ちされたこの人の考えは、単純な「給料がいいから転職」という考えとは少し性質が違います。会社側は「うちの給料で、どんな仕事でも文句言わずにやってくれそうだ」と想像できるでしょう。スキルから「実際今まで一生懸命やってきたんだろう」と判断すれば、採用する会社もあるでしょう。

このエピソードを斜め読みして、「よし俺もこれからは給料を志望理由にしよう」と考えて単純にまねると、痛い目を見ると思います。

中途採用面接で、志望動機を聞かれて「もっと給料が欲しかったからです」と回答した人がいた。 | Books&Apps

「金のため」は当たり前で普通は言わない。それでも一番はじめに出てくる理由が「金のため」になるというのが、理由とともに言えることが重要。これを読んで「俺もこれからまず金って言おう」と安直にまねると死ぬ。

2014/11/19 09:53

共有:
広告
関連する記事
僕とはてブとはてなスター 2014年ふりかえり | 今日も8時間睡眠
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど