今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

本当にあった痛い話

やだなぁ、こわいなぁと思いながら、おそるおそる確かめてみたらですね、やっぱり思っていた通り、黒いあれがあったんですよね。

虫歯です。

奥歯に白く変色している部分があって、少し前から気になってたんですよね。自分との闘いの後、思い切ってかかりつけの歯医者に行って、確認することにしてみました。しかし、「そこは前にかぶせたところです」とのこと。「よかった。奥歯の虫歯はいないんだ」ということで、まぁ奥歯は何もなかったのですが、問題は前歯でした。前歯に神経のない歯があるのですが、その歯ににかぶせたとこの隙間から虫歯が進行しているとのこと。その歯を削り、新しい歯をかぶせることとなりました。

前歯「馬鹿め! それは治療済みだ!」

後日、前歯の治療が始まりました。まずは今までかぶせてたものをとり、虫歯の部分を削っていきました。削っても削っても虫歯が出てきて、削られた後の歯はもうほとんど残っていませんでした。前から見たら面積が半分くらいになっていて、しかも裏側も中までかなり削られていて、体積でいったら3割くらいしか残ってなかったんじゃないかな。「今削ってよかったですよ。さらに虫歯が進行していたら、抜かないといけなかったかもしれないですね」と言われました。思っていた以上に虫歯が広がっていたとのことでした。

かなり削られてはいたのですが、神経のない歯だったので、痛みは全くありませんでした。ただ、痛みがあると困るので、削られてる間は全身に力を入れて準備していました。一時間弱、削られてたと思います。削られた後は、ぐったりしていました。

新しくかぶせる歯は、保険適用のものだと安いのですが、あまり品質がよくないらしいです。歯そのものが変色したり、歯茎が変色することもあるみたいです。保険適用のものはあまりオススメできないと言われました。「保険適用なら安い」と言っても2万弱はかかるとのこと。

次に、やだなぁ、こわいなぁと思いながら、おそるおそる保険適用外の費用を確かめてみたんですよね。

ぼく「ほ、保険適用外だと、おいくらなんでしょうか…」
医者「12万くらいですね」

痛い。痛すぎる。削られるより痛い。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど