今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【注目】当サイトでクリスマスプレゼント付きアンケートを実施中です!

あんまり知らないアーティストのライブに行くこと

「アルバム聞いたことないけど、○○のライブに行った、すごく楽しかった」みたいなことを言う人がいるけど、僕には信じられない。好きでよく聞くアーティストのライブじゃなかったから、あまり楽しめないと思う。

だいぶ前に、「4枚ライブのチケットがあるけど、1人いけなくなったので来ない?」って言われたことがある。そのアーティストは超大物だったけど、僕は5曲くらいしか知らなかった。しかも、知ってるのはどれも結構昔の曲だった。なので、行こうか迷ったけど、せっかくなので行くことにした。この時はまだ、よく知らない人のライブには行ったことがなかった。「まぁでも昔のヒット曲とかもやるんじゃないかな」と思っていた。

まずライブ会場に着いて驚いたのが、グッズ売り場に謎のキャラクターがわんさか売られていたことだった。このアーティストのファンでそのキャラクターを知らないのはありえないらしい。別にアーティストにちなんだキャラってわけではない。みんなキャーキャーやってる中での、圧倒的疎外感。

ライブは、残念なことに最近の曲ばっかりで、どれも初めて聞く曲。やはり、知ってる曲じゃないと、なかなかのれないし、一緒に歌うこともできないし、歌詞も聞き取りづらい。というわけで、僕としてはかなり消化不良なライブになりそうだった。

最後の方の「次の曲は~」ってところで、やっと僕の知ってる曲が出てきた。結構前にヒットした曲だ。アップテンポで、すごく盛り上がりそうな曲。「この曲がライブで聞けたらいいな」って思ってた曲だ。この曲は、この曲だけは、存分に楽しんで帰ろうと思った。しかし、ここで残念なお知らせです。

「今日はアコースティックバージョンでやりたいと思います」

せっかくの盛り上がる曲を、なぜにしんみりやるのかと。僕はズッコケた。後で一緒に行ったファンの子に聞くと、年をとってきたので、最近はあんまり激しいバージョンはやらないとのこと。残念すぎる。結局、完全に消化不良なライブとなった。

大物だったのでチケット代も高く、もったいない気持ちになった。これ以降、あんまり知らないアーティストのライブに行くことはなくなった。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど