今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【注目】当サイトでクリスマスプレゼント付きアンケートを実施中です!

退職後に、今まで会ってた人とのつながりが薄くなること

これを読みました。

リアル: シニア現場の隅っこ。was使いやすさを考えてみる。(アクティブシニア・シルバー層の現場から)

「定年退職した人は、人と会うのに努力が必要」という話。会社で働いている間は、いやでも他の人と会う。しかし、定年退職したら会社に行く必要がなくなるので、わざわざ会おうとしないと人と会うことがなくなってしまう、と。

定年退職をすると外に出ることが、仕事に行くことが、会社に行くことが「義務」ではなくなる。
となると、「用がある時」しか人に会うことが少なくなる。

そうすると、圧倒的に情報から遅れていくのだ。
どんなに頑張って、人と会う努力をしていても、
ネットでガンガンリサーチしていても
世間と少しずつ遠ざかっていく。

僕は去年の3月末に退職して、今もなお無職だけど、この「人と会うのに努力が必要」についてはすごく実感してる。「退職」という名の一大プロジェクトについてでも書いたけど、僕は穏便に退職したので、今でもかつての上司や同僚や後輩とごはんを食べに行ったりしてる。なので、そこまで「人に会ってない」ということはない。だけど、ごはんを食べに行くペースも、会う人数も減ってる。辞める前は職場で会ってたけど、退職後は一回も会ってない、という人ばかりだ。

いろんなツールが発達し、今はコミュニケーションをとれる手段がたくさんある。だけど、会って話すのが、やはり一番手っ取り早い。文字だけとか声だけのコミュニケーションに比べると、スピードや情報量が圧倒的に違う。一番リッチな手段が身のまわりにあふれてるというのは大きい。

また、働いてると、偶然人と会うっていうことがある。顔を見れば、これを教えようと思ってたんだったとか、今度ご飯に誘おうと思ってたんだったとか、いろいろ思い出して伝えられることがある。電話やメールやLineとかは、伝えたいことが頭の中にある間はいいけど、一度それを忘れちゃうと思いだすことがすごく難しい。

退職後は人と偶然会う機会が著しく減る。「新しい出会いがなくなる」だけでなく、「今まで会ってた人とのつながりも薄くなる」ということと戦っていかなくちゃいけない。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど