今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

戸田恵梨香主演の映画「エイプリルフールズ」の試写会に行ってきました(ネタバレあり)

戸田恵梨香や松坂桃李など、27人のキャスト(多すぎ!)が出ている映画「エイプリルフールズ」の試写会に行ってきました。今日はその感想を書きます。ネタバレありますのでご注意を。

全体的な感想は、「期待してたほどはおもしろくなかった」ですね。脚本が古沢良太なので、結構期待していたんだけどね。リーガルハイもおもしろかったし、デートもおもしろかったんで、期待値が高すぎたのかも。

27人はやっぱり多すぎなんだよね。いくつかのストーリーが絡み合い、ドタバタして展開していくのは古沢良太っぽいなと思ったけど、それぞれのストーリーがそんなにがっつりからんでるわけじゃないんで、もっとしぼったほうがよかった気がする。

一番よかったのは、寺島進のストーリー。特に、誘拐した子を解放するシーンはよかった。実際そのシーンでは泣いてる人も多かった。寺島進は顔が怖いんだけど、あの顔で優しいことを言うと、反動ですごく良く聞こえるんだよね。いい意味で、ズルい。映画の終盤じゃなくて、中盤で泣きどころ作ってるのは変な感じだったね。まぁ、これがメインストーリーじゃないってことなんだろうけど。

メインは戸田恵梨香のストーリーなんだけど、そんなにいいとは思わなかったなぁ。里見浩太朗のストーリーはいい話だったけど、ありきたりな感じ。他のストーリーはもっと小さく、それぞれ笑えるシーンはあるものの、そんなに深くはないんだよね。宇宙人も占い師もゲイストーリーも。

出演者もストーリーの種類も多いので、飽きることはありません。120分は短く感じられます。ただ、個人的には、ストーリーも人も減らして、それぞれのストーリーをより深くした方がよかったんじゃないかな、っていう気がしました。寺島進のストーリーがよかったんで、他ももっとできたんじゃないかなと。

「リーガルハイのスタッフが贈る」と広告には書かれてあるけど、実際リーガルハイっぽさはありました。まず、曲がリーガルハイっぽい。あと、小池栄子は完全にリーガルハイでの役としてでてましたね。すんごいチョイ役だけど。27人っていってるけど、ほんとちょっとしか出てない人が多くて残念。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど