今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

できない場所でやりたいことを思いつく現象について

これな。

帰宅前の溢れるやる気を持続させる – Konifar’s WIP

「家に帰ったらやろう」って思ってたけど、家に帰ったらやれない、っていう現象です。家に帰ったら、家にいるモードになってしまって、「あのときの気力」がなくなってしまってる。こういうことは僕もよくあります。

というよりも、「あれをやろう」と思いつく場所が、「それができる場所」でないことが多いのはなんなんでしょう。家にいるときに「明日会社にいったらあれをやってみよう」ってなったり、逆に会社にいるときに「家に帰ったらあれを片付けよう」ってなったりすることが個人的に多いんですが、場所を移動するまでの間に忘れちゃうんですよね。で、「何かをやろうとした気がするんだが」というモヤモヤ感はあるんだけど、思い出せなくて「まぁいっか」となってしまう。しかし、また「それができない場所」にいるときに、なぜか思い出してしまう。

家(PC前)と会社以外でも、例えば、ベッドに入って寝付くまでの間に「あぁ、さっきの時間であれをしておけばよかったな。明日やるか」みたいなこともよく起こり、かなり致命的なレベルだな、と自分でも思っています。なぜ数時間前に思い出してやってなかったのかなと。

上の記事では、「家に帰ったらやる気が出ない」となっていますが、僕の場合は「家に帰ったら、やろうと思っていたことが記憶から消える」ことの方が多いです。いつものようにPCを立ち上げて、テレビ見ながらネットを徘徊してブログ書いたりしたら、「今日はやりきったな」って感じがして、別の場所で思いついてた「やろうと思ってたこと」を忘れちゃう。

なので、上の記事に書いてある解決策の中の「やることをすべて書き出す」が一番有効だと思います。というか、それも一応やってるんですけどね。でも、一番手を付けやすいところから手を付けてしまって、やりたいけど手間のかかることには手を付けられないでいる、っていうのを繰り返してしまってます。

「まとまった時間」はやってくるんだぜでも書いたけど、少なくとも毎日ちょっとずつ手を付けないとたどりつけないってのはわかってるんだけどなぁ。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど