今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

先ほどお送りしたメールに添付したファイルのパスワードは

これ読んだけど、確かによく考えると謎だな。

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:第27回 解凍パスワードは続けてメールします (1/2) – ITmedia エンタープライズ

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:第28回 「続けてパスワード送付」欧米でまったく使われないワケ (1/2) – ITmedia エンタープライズ

パスワード付きファイルを送付したあとに、パスワードを書いたメールを送る、というビジネスでよくやる「お作法」。上のサイトでは、誤送信時の情報漏洩対策などの目的が挙げられています。ただ、よく考えると、このやり方では目的が達成されないような。

1通目と2通目で送信先を変更することって、あんまりないと思うんですよね。僕はこういう2通メールを送ることはないのですが、もし送っていたら、2通目は送信先をコピペしていたかもしれません。頻繁に使うなら、テンプレ登録してると思います。どちらにしろ、1通目と2通目が同じ先に送信されることに違いはなく、パスワードを別で送る意味がない気がしてきました。意味があるのは、2通目を送る前に誤送信に気づくときですが、通常、2通目はすぐに送っちゃうので、そういうケースは少ないです。

上の記事を読む前は、この2通メールは、第三者の傍受に対する情報漏洩対策かなと漠然と思ってましたが、これもこのやり方だと意味がないですね。通信を傍受されてるとか、送信先のPCを誰かが勝手に見るとか、悪い人やウイルスがメールをメールを勝手に転送しちゃうなどの場合に、他の人に見れないようにするのかなと思っていましたが、これもパスワードメールを送ってる時点で、意味ないですね。

ファイルとパスワードを送る手段が同じなのがダメなんでしょう。例えば、パスワードは電話で伝えるとか、事前に書面でかわしておくとかの方が、安全度は上がる気がします。後は、上のサイトにも書いてるような、ファイル共有システムを使うなどという、メール以外でファイルのやり取りをするのがいいんでしょうね。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど