今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

佐藤健・神木隆之介主演の映画「バクマン。」を見てきました。(ネタバレあり)

映画「バクマン。」を見てきました。

原作の漫画は読んだことがあったので面白いのは知ってましたが、その雰囲気を損なわずに実写化されていたと思います。ただ、もうちょっとストーリーに深みがあるとさらに良かったかなぁ。時間的に難しいんでしょうけどね。映画ではなく実写ドラマでじっくり見せたほうが、より面白くなりそうだなと感じました。

キャスティングについては、佐藤健が高校生っていう設定は無理がある気がしたけど、佐藤健も神木隆之介も役にはあってたと思います。ネットでは、この主役の二人を逆にしたほうがいいんじゃないか、っていう声もあったみたいだけど、映画を見てみると逆になったときのイメージができなくなります。

主役以外にも、いいキャストが多かったですね。山田孝之は原作とは雰囲気が違うけど、映画にはマッチしていました。テンション低めだけど、スイッチ入ればアツくなる、という感じが良かったです。宮藤官九郎やリリー・フランキー、桐谷健太もすごく映画にあってたと思います。逆になじめなかったのが、小松菜奈と染谷将太ですね。特に染谷将太は単に変な人という印象しか受けなかったなぁ。天才漫画家の「天才感」が弱かった気がする。小松菜奈は、映画内で漫画のキャラとして描かれるまでは、違和感がありました。個人的な趣味の問題ですけど。

映画の中盤にあるバトルシーンは、CGを使わなくても良かったんじゃないかなぁ。高校生漫画家同士の対決は、漫画的なバトルじゃなくて、漫画家としてのバトルを見たかった。つまり、何かストーリーで語ってほしかったですね。見た目が派手でお金をかけている感は出るけど、あんまりそこにお金かけなくてもなぁ。ストーリーで見せたほうが、染谷将太をもっと活かせるんじゃないかな、という印象。

映画よりも、時間をかけて連続ドラマにしたほうが面白くなるように思います。漫画では裏話やテクニック的な話が多く出てきますが、映画には必要ないのでほとんどカットしたんでしょう。しかし、それもこの漫画の良さです。実写ドラマになれば、以前放送されていた実写ドラマ「アオイホノオ」的な面白さが生まそうだと思います。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど