今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

駐車スペースを見つけやすくするシンプルなアイデア

サービスエリアなどで、あいている駐車スペースを探すために車でグルグルさまようことってありますよね。その問題を解決するシンプルな「HERE balloon」というアイデアがなかなかおもしろいです。

アイデアの説明は、上の動画の50秒のところから始まります。「HERE」と書かれた風船にひもをつけ、各駐車スペースの地面に固定します。そこに駐車すると、車の下にひもが入り込んで、風船の位置が低くなるという仕掛けになっています。車がいなくなると、また風船が上がってくる。つまり、風船の位置が高くなっている場所が空きスペースということなんですね。これなら、遠くからでもあいている駐車スペースを見つけるのが簡単になります。

空きスペースをグルグル探し回ることが減るので、ストレスも減るし、無駄な時間もガソリンの無駄遣いも減ります。「ガソリンの無駄遣いを減らす」という石油会社のキャンペーン企画だったというのがいいですね。

駐車場では、離れたところからだとあいているように見えたのに、実は大きな車に隠れて軽四がとまってた、ということはよくあります。逆に、その裏をかき、「あいてるように見えて、実はとまっている車があるんじゃないか」と思って避けた死角スペースが、後で確かめてみると実はあいてた、っていうときもあります。がっかりです。屋内の駐車場ならいろいろやりようがありますが、屋外だと設置できるものが多くありません。そういう意味でも、このアイデアはシンプルながら効果は大きいと思います。

ただ、キャンペーンとしてはいいけど、恒久的な解決策としては難点があるでしょう。ぶつかっても平気なように風船が選ばれたんでしょうけど、空気が抜けちゃうとこの技は使えなくなります。子供が触って割ってしまうこともあるだろうし、雨風でダメージを受けることもあります。ただ、似たようなものでこれらの問題も解決するアイデアが出てきそうですけどね。

数年前の動画なので僕が知らなかっただけなのかもしれないけど、面白いアイデアだと思いました。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど