今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

Likeをあえて「スキ!」と訳したTumblr

Tumblrというサービスがあります。いろんなネタが投稿できるブログサービスなのですが、使ってみないと何がいいのかさっぱりわからないサービスでもあります。

Tumblrって何がおもしろいのかわからない。でも、、、 | xxxx7

一番の特徴は、「リブログ」という機能です。他の人の投稿がいいと思ったら、それを丸っと自分の記事として投稿する機能です。ツイッターの「リツイート」みたいなものです。

自分で書いた文章を投稿する人もいますが、他のサイトから引用したテキストや画像をリブログすることが多いです。Tumblrを使うと、ネタの趣味、選択の趣味が合う人のブログだけを見るようになります。その結果、自分のダッシュボード(フォローしている人の投稿一覧)や自分のTumblrは、自分の気に入ったものだけで埋まっていきます。

ここの記事でも書いた通り、他人の記事に反応する場合、相手としては、自分・発言者・第三者の3パターンがあります。Tumblrの場合、発言者へのアクションはほとんどありません。前の発言者は、また別の発言者の内容を再投稿しているだけだからです。

第三者向けのアクションとしては、上でも書いた「リブログ」があります。そして、自分向けのアクションとしては、「スキ!」機能があります。「スキ!」をつけた投稿は、フォロワーには流れません。

FacebookもTwitterもTumblrも英語では「Like」ボタンですが、前の2つはこれを「いいね」と訳しました。一方、Tumblrは、「スキ」と訳しました。日本人としては、「スキ」を使うのはハードルが高そうです。しかし、Tumblrの場合は、フォローする人を調節しているため、ダッシュボードには好きなネタしか流れてきませんし、みんな自分の好きなネタしか流しません。そうしたネタへのアクションなので、「スキ」はもっとも適した訳語のように思います。

また、細かいですが、対象が自分であることもいいですね。「Like」も「スキ」も主語は自分ですが、「いいね」の主語は「発言」です。訳した後に、主役が変わらない点でも、良い訳だなと思います。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど