今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

R-1ぐらんぷり2016感想:ハイテンションだけで乗り切る芸人が多かったな

昨日の3月6日に放送された「R-1ぐらんぷり2016」の感想を。ネタバレあります。

Aブロック。エハラマサヒロのうざいキャラは面白かった。特に「3回目の『空』」のとこ。うざいネタうまいなぁ。小島よしおは、見た瞬間「水曜日のダウンタウン」で検証した説を思い出した。シャンプーハットこいでは、まじめにネタしないんだろうなと思ったら、やはり。どこが決勝に行けるネタだよ(褒め言葉)。サンシャイン池崎は、お笑い向上委員会に出ていたときよりは面白かった。が。個人的には、エハラが一番。

Bブロック。ハリウッドザコシショウは、会場は笑っていたが、何が面白いのかよくわからず。おいでやす小田は、展開がうまくてネタとしてよくできてた。全員の中で一番面白かった。最後の名前は「ん?」となったが。横澤夏子は、宮迫の言う通り「ちょうどうざい」。最後は結婚詐欺的な流れにするのかと思った。ルシファー吉岡は、ジョブズの出し方がよかった。あれがなかったら、ただの下ネタだった。

Cブロック。厚切りジェイソンは、すでに安心して見れる。「可愛い子には旅をさせよ」は、意味違ってたかも。ゆりやんレトリィバァは、シャチハタは非常にあるあるだけど、全体的にネタのチョイスが弱かった。とにかく明るい安村は、新ネタとしては厳しい予感。というか、「はいてますよ」ネタが強すぎ。マツモトクラブは、設定はいいけど、各パーツが弱かった。後半にかけて盛り上がる感じがなくて、淡々と進んでしまった。この中では厚切りジェイソンが一番面白かった。

個人的一位が一人もいない最終決勝。小島よしおは1本目とほぼ同じネタ。あれだけで攻めきる心臓は強い。客のウケも明らかに弱まってた。ハリウッドザコシショウも同じ。2回目でも笑い所はわからず。ゆりやんレトリィバァは、1本目と少し中身は違ったけど、1本目よりさらにネタが弱かった。強引だし、間も変だったし。

で、勢いだけでハリウッドザコシショウが優勝しそうだと思ったら、本当に優勝してしまった。今年は、全体的にハイテンションだけで乗り切る芸人が多かった印象があって、そのマックステンションが優勝した感じ。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど