今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

あまり使わないけど、楽天の良さについて。

とある記事に付けたはてブコメント。

未だに楽天のサービスを利用してる僕が語る、楽天失速の3つの理由 – かくいう私も青二才でね

2番、確かにそうだな。「これを売ってるのが楽天市場しかない」っていうときしか使わない。いつ潰れても大丈夫なように、ポイントは毎回フルで使ってる。

2016/03/12 21:34

リンク先のサイトで指摘されている”「他に選択肢がないから仕方なく、楽天」パターンが多すぎ”っていうのはその通りで、完全に僕はこのパターン。

あんまり使わないけど、楽天の良さは、2つあると思う。1つは、商品の多さ。アマゾンにもヨドバシにも売ってないような商品が、楽天市場にはある。そして、もう1つがポイントの使いやすさ。

「現金やクレジットカードで買い物をすると、ポイントがついてくる」というのは、だいたいどこの会社でも導入してる。でも、楽天は、「ポイントで買い物をしても、ポイントがついてくる」っていう謎の仕様。普通はポイントで買い物をした分には、ポイントがつかない。1万円のものを3000ポイント+7000円の現金で購入すると、7000円に対してポイントがつくのが普通だが、楽天は10000円に対してポイントがつく。良い話ではあるが、怖い話でもある。

僕は普段ヨドバシのサイトやカードを使っているんだけど、そうするとどんどんポイントがたまっていく。が、ポイントで購入するとポイントがつかないので、なかなか使うタイミングがない。昔は本を買ったときのポイント還元率が低かったので、「ヨドバシポイントは本の購入に使う」のが自然な流れだったんだけど、今は本も他の商品と同じ還元率になってしまった。もらえるポイントが増えるのはいいことだけど、ますますポイントを使う場面が減ってしまった。Apple製品の還元率は低いけど、頻繁に買うものでもないし。

楽天はポイント購入分にもポイントがつくから、現金と同じように使えるので、「ポイントがたまってしまう」という状況を能動的に避けることができる。楽天を使いたいときだけ使える、楽天への負債(=ポイント)がたまりにくい、という点が、楽天の良さだと思う。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど