今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

人生における「意味」について

僕は、人生の意味や生きる意味なんてものは、ないと思っている。

「生きる意味がないなら、なぜ死なないのか」と言う人がいるかもしれないが、意味なんてなくても、生きていていいと思っている。自分の意思で何かをした場合は、「こういう意味や目的をもって、この行動をとった」ということはあるだろう。しかし、自分の意思で生まれてきた人なんていないのだから、意味なんてある必要はないし、意味がないからと言って死ぬ必要もないと思う。例えば、「なぜ左手に腕時計をしているの?」には解答があるかもしれないが、「なぜ左手があるの?」には解答はないし、だからと言って左手を切る必要もない。

ただ、生きているとしんどいことやつらいことはたくさんある。失敗したり裏切られたりすることもある。また、生まれてから死ぬまでの期間はかなり長い。「生きる意味」を持っていないと、生きていけない、死んでしまいそうだ、という人もいるだろう。

僕は生きる意味はないと思っているので、探せばどこかに「生きる意味」が落ちていたり、誰かに「生きる意味」を聞いて、「あー、これが生きる意味だったのか!」と見つかるような展開はないと思っている。もし「生きる意味」が必要なら、自分でその「意味」を付けるしかないだろう。

例えば、親や子、家族のために生きているという人はいるだろう。社会のため、顔も知らない世の中の人々のため、もっと大きく人類の発展のために、自分は仕事や研究をして生きていくんだ、という人もいると思う。いやいや、自分の人生は自分が楽しむために存在するんだよ、という人もいるだろう。

結局、生きる意味というのは、自分が生きていくうえでたくさんある判断基準の「根本」なのだろう。それは自分が生きていく中で「これ!」と答えを出すものだ。自分の外に答えを求めても、ヒントは見つかるかもしれないが答えにはたどり着けないだろう。

なので、「生きている意味が分からない」と言う意見には、「そもそも生きることに意味なんてないし、生きる意味が欲しいなら、自分で意味を付けるしかないのでは?」と思う。これが「死にたい」と同義なら、また意味は違ってくるが。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど