今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

ATMをずっと占拠している老人

僕がATMに行くのは、夜遅くとか休日とか、変なタイミングばかりなので、ガラガラなことが多いです。でも、たまに平日の昼間に銀行に行くと、いますよね、ずっとATMを占拠している老人が。僕は時間にゆとりがあるのでかまわないのですが、急いでいる人が見ればイライラしてしまうのもわかります。だいたいATMですることなんて決まっているんだから、すぐに操作は終わるんじゃないか、と思ってしまう気持ちもわかります。

少し前に、毎週日曜日にテレ東でやっている「モヤモヤさまぁ~ず2」を見ていたんですよね。香港の回でした。さまぁ~ずたちはフェリーに乗るために、自動券売機でチケットを買おうとしていました。そこで、お金を入れようとするのですが、まったく入りません。お札もダメ。コインもダメ。何度試してもダメで、「この機械は故障しているな」と判断して別の券売機に並びなおしました。

そのすぐ後に、「故障している」と思っていた券売機に別の人がやってきました。しかも、その人たちはあっさりチケットを買って行ったんですよね。その人たちの買っているところを見ると、重大なことが分かったんです。ボタンを押して買いたいチケットを選んでから、お金を入れないといけなかったんですね。さっきはお金を入れようと必死になっていましたが、先にボタンを押さないとお金は入らなかったんです。

で、この放送を見て、「老人から見たら、ATMもこういう存在なのかもしれないな」と思ったんですよね。これがやりたいという目的が明確で、どうやればいいかが分かればその通りできる。でも、前提知識が必要だったり、説明書きがあっても量が多かったり文字が小さかったり読みにくかったりして、自分一人で目的に向かって進んでいくのは厳しいのかもしれません。「これが反応しないのはなぜだろう」とか「このボタンを押しても本当に大丈夫かな」みたいな疑問や不安が出てくれば、さらに悩む時間が増え、操作にも時間がかかってしまいます。

自分から見て、海外の券売機で操作をするくらいの難易度だったら、と想像すると、ある程度時間がかかっちゃうのも仕方ないのかなぁと思えてきます。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど