今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

グーグルは目次からページ、インスタグラムは即写真

これを読みました。といっても、無料部分だけですが。

グーグル検索は文字ばかりで疲れる。行きたいお店は「インスタ検索」してスクショをLINEする。女子大生に聞いた、お店探しにグーグルをつかわない理由。 | appmarkelabo | note

ご飯を食べる店を探すときには、Googleで検索せずにInstagramで検索して探す、という、ある女子大生のお話。文字で探すより写真で探したほうが、見つけたいものを見つけやすい、と。

たしかに、テキストの検索結果を見て、店のサイトに行って、メニューを見て、とやるよりは、地域名や料理名のタグを含んだ写真一覧を表示して「これおいしそう、これ食べたい」を探す方が早そうです。

店選びに関していえば、グーグルでの検索って、地域や料理をもとに雑誌を選び、目次を見て、目次からお店の情報の載っているページを見る、って感じなんだろうな。一方で、インスタグラムでの検索は、雑誌の中のページをいきなりパラパラと見て、グッとくる写真を見つける、って感じかな。

メニューもテキストだけで見るより写真で見たほうがイメージしやすいので、写真で選ぶやり方のほうがお店も決めやすいんだろうなぁ。食べログで写真が少ないと、ちょっと避けようかなと思うし。まー、食べログで写真が少ない店は、メニュー情報も少ないことがよくあるので、自然と避ける傾向にあるんだけど。

ざっくりと店を選びたいというような場合は、インスタグラムのほうが見つけやすいかもしれませんが、ある程度条件が決まっている場合は、他のサイトの方がいいんでしょうね。場所だけじゃなくて、料理内容とか個室があるかとか予算がいくらくらいかとか、そういう条件があるなら、食べログのほうが探しやすいと思います。

また、グーグルでも画像検索はあるけど、インスタグラムでの検索とはかなり違います。やっぱり、人やタグの情報に関連した画像と前後の文章から推測した画像とでは、検索結果の方向性が大きく変わってきます。

検索の能力が優れてるとかそういうことではなくて、何を探したいか、場面によって得意不得意がある、ということなんでしょうね。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど