今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【広告】君の名は。

「FNS27時間テレビフェスティバル!」のお笑い向上委員会を見た感想

27時間テレビについては、2年前のSMAPのときにがっつり書いて、去年のめちゃイケのときはあっさり書きましたが、今年はさらにあっさり書きます。それも、お笑い向上委員会の部分だけを。

爆笑太田とネプチューンホリケンがいる時点で、番組が崩壊するのは目に見えていました。序盤では今田がまとめていましたが、ケータイ大喜利のためにいなくなってからはカオスでした。雨上がり宮迫がうまいことまとめていましたが、一人では手が足りない感じ。

太田とホリケンは間を考えずに暴走しますが、いつものことながら、中川家礼二の間は絶妙でした。全部きちんとワークしてたと思います。回数は少なかったけど、スピードワゴン井戸田の間もよかったですね。一発ギャグ扱いでしたが、効果的なところでうまく入ってました。

ゲストの東国原が徐々にあの空気に慣れていく流れはよかったです。みんなの笑いを吸収していく感じ。そして、最後のロッチとのコラボで披露した、突き抜けた脱ぎ芸はすさまじいものがありました。「どうせパンツを見せるんだろ」と油断していました。昔の行動から考えるとまったく不思議なことではないんですけど、スーツ姿からあそこまで飛躍するとは思いませんでした。

村上ショージがこれからやろうとしていたネタを、太田が間違って先に言ってしまうシーンがありました。さんまは一回太田に怒るんだけど、さんまも村上ショージのネタを言ってしまう、という展開に切り替えていました。たぶん、ネタがばれてそのまま終わると、そのネタが死んでしまうと思ったんでしょうね。ネタを先に言われてしまった以上、まわりがネタをばらして村上ショージが「それ、俺が言うんや!」と言うやりとりに持っていったほうが笑いにつながる、と判断したんでしょう。この切り替えは成功したと思いますが、さんまは太田にはマジ顔で怒ってましたね。

太田は力みすぎて全部空振りしてる感じ。ウケないのを吉本権力のせいにしてたけど、その要素は小さい気がします。それにしても、ずん飯尾の太田介護フォローがすばらしく、あれがないと変な空気がぬぐいきれません。ずんもかなりいい仕事をしていましたね。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど