今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

東京大学「English Academia」を修了しました

これを読みました。

東京大学より、英語学習・無料オンラインコース「English Academia」がリリース!どなたでも学べます! | 東京大学 中原淳研究室 – 大人の学びを科学する

今年に入って、いろいろ英語の勉強をしようと思っていたところ、上の記事を見かけました。はてブでも盛り上がっていたこともあり、「English Academia」に登録してみました。「全部で5時間程度必要」と書かれていて、実際それくらいの時間でできたんですが、結局修了するまでに2週間近くもかかってしまいました。

20170228-01

やってみた感想としては、「本当にアカデミックな英語に特化してる」ということです。

英語で自分の研究内容を説明したり、プレゼンするにはどうするか。英語でのグループディスカッションや講義を任されたらどうするか。どういう準備をするか。どういう表現が使えるか。こういった内容が中心です。

説明やプレゼンのモジュールでは、「話す内容を事前に整理しておき、ロジカルに展開していくように構成を考える」などといったアドバイスがあり、もはや英語は関係ありません。これはよく考えれば当然です。使う言語が英語になっているだけで、やるべき作業やベースの内容は、何語でやっても同じですからね。英語上の助言とアカデミックな世界で生きていくための助言が含まれています。

登録したときは、「研究者向けとは言っても、英語のコースなんだから学ぶところもあるだろう」と思っていました。しかし、本当に研究者向けでした。英語がある程度できて(大学入試程度)、アカデミックな世界にはじめて突入する人にぴったりです。ネイティブな人でも、研究者志望なら参考になるところは多いでしょう。

しかし、それ以外の人には、役立つ場面はかなり限られます。就職活動で大学時代の研究内容を英語で説明するときや、仕事で英語のプレゼンをするときに、参考になる部分もありますが、そのためにこのコースをとるのは効率が悪いです。

テストは簡単です。理解していない人を落とすことが目的ではありません。内容を理解して使ってもらうのが目的です。研究者向けの実用的な内容です。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど