今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【広告】月額980円アマゾンの読み放題サービス『Kindle Unlimited

R-1ぐらんぷり2017感想:かけふー

昨日2月28日に放送された「R-1ぐらんぷり2017」の感想です。ネタバレしかないです。

Aブロック、三浦マイルドの「どちらの状況からも聞こえてきそうな言葉」というネタがよかった。ただ、1つ1つが早かった気がする。おもしろいネタがあっても、消化する前に次に行っちゃうような感じ。たまに解説風のツッコミを入れるとか、スピードに変化をつけたほうがよかったんじゃないかなぁ。全力疾走してしまった感がある。

Bブロックは、ダントツで石出奈々子がよかった。「ジブリに出てくる女の子が大阪に行ったら」というネタ。最初は、「むむっ?」となったけど、最後らへんの「ふしぎー」「ふしぎー」のかぶせからの「かけふー」の流れは、かなりおもしろかった。あと関係ないけど、紺野ぶるまはかわいい。

Cブロック。ブルゾンちえみは、他の番組で見た感じからすると、もっとできる子だと思う。なんかネタが飛んだように見えたけど、どうなんだろう。おいでやす小田の「すべてを真に受ける女」のネタ、完成度が高かったし、おもしろかったんだけどなぁ。まさか、裸にお盆のアキラ100%に負けてしまうとは。

決勝、サンシャイン池崎が、あるあるネタ3つだけで挑むという勇気がすごい。空前絶後だ。さすが、笑いを愛し、笑いに愛された男。Aブロックでの三浦マイルドのネタ数との差がすごい。

石出奈々子は、「ジブリに出てくる女の子が通販番組をやったら」というネタ。1つ目のネタとかぶっているところが多く、目新しさがあまりなかった。1つ目のネタがすごくよかっただけに、残念。というか、2つのネタを見比べると、ジブリじゃなくて大阪イジリがおもしろかったという気もしてきた。

決勝メンバーを見て嫌な予感はしたけど、アキラ100%が優勝かぁ。板尾が「スリルの味わえるネタ」と言ってたけど、確かにそんなネタは少ないな。まぁおもしろかったけども、優勝してどうするんだろう。テレビの露出が増えたら、どこかで事故りそう。

決勝に行った池崎もアキラ100%も、昨年末の笑ってはいけないでガッツリ取り上げられてたけど、これからあの番組がそういう役割をするようになるのかな。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど