今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

そうですか、「笑×演」レギュラー放送ですか

3月30日に放送されていた「笑×演」を見ました。1月の特番に引き続き、2回目の特番です。

“芸人が書いたネタ”を“役者が演じる”というネタ番組。番組の説明欄に、バカリズムとザキヤマの名前があったので、2人もネタを書くのかと思ったんだけど、2人は司会だったんですね。誤解していました。

1本目は、ハライチ・岩井が書いて、迫田孝也・池田鉄洋が演じたコント。リズムネタなのに、シュールな世界観。普通はわかりやすくなるはずだけど、ハライチがリズムネタを書くとこうなるのか。迫田がずっと同じリズムを刻み続けないといけないし、池田もそのリズムに合わせてセリフを言わないといけない。二人ともかなり難易度が高い。

2本目は、さらば青春の光・森田が書いて、前川泰之・木村了が演じたコント。時間をかけて作品を作り上げる小説家と、それを速読ですぐに読んでしまう読者との掛け合い。設定が面白い。イケメン具合がまったく気にならない。ただ、展開がある程度予想できてしまう点は、少し残念。

3本目は、ナイツ・塙が書いて、不破万作・渡辺哲が演じる漫才。個人的には、渡辺のボケはいいと思った。大木こだま・ひびきの漫才のよう。ゆっくりなボケがしっくりくる。でも、不破のツッコミは、見てられない感じ。この組だけが漫才だけど、人選がおかしいと思う。

4本目は、ニッチェが書いて、西尾まり・松井玲奈が演じるコント。遠足が楽しみ過ぎて眠れない幼稚園児とお母さんのコント。ただし、西尾が幼稚園児で、松井がお母さん。年齢的にはこの配役は逆だけど、実際に見てみると、これで正解。

ニッチェが二人に寄る気配は全くなく、完全に二人をニッチェ側に寄せていました。つまり、ニッチェの持ちネタのようなコントでした。眠れない幼稚園児・西尾まりは、完全に自分のやるべき仕事を理解していたけど、憑依的な演技は、笑いを通り越して、少し怖かったです。女優がコントをやると、やりすぎるんだな、と思いました。

すごくコストや負担のかかる番組だと思います。4月からレギュラー放送が始まるらしいですが、あんまり長続きしない気がします。定期的な特番の方が、長続きしそう。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど