今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【広告】WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

自分の県のお土産を食べる数少ないシナリオ

これを読みました。

自分の県のお土産って食べるの?

うーん、たしかに食べない。特産品とかならまだありえるけど、お菓子系は、特別好きとかでもない限り、わざわざ買わないですよね。地元でお土産コーナーに行くことがないし、誰かにもらうこともないので、普通に暮らしていたら食べる機会はありません。なので、長い間食べる機会がなかったんですが、この前、はじめて食べる機会が生まれたんですよね。

高校の時の同級生が、「東京に用事があるんだけど、ホテルがないから一晩だけ泊めてほしい」ということで、僕の家にやってきました。まー、たしかに東京のホテルは高いからねぇ。ホテルより環境は悪いけど、タダに勝るものはないです。

その同級生が「泊まらせてくれたお礼に」ってことで、地元のお土産を持ってきてくれました。その友人は、今は地元に戻って暮らしているので、地元のお土産が買えたんですよね。地元のお土産を食べるパターン、これくらいしか思いつかないです。こういうパターンでもない限り、地元のお土産を食べることってないんですよね。

ただ、まったく見たことも聞いたこともないお菓子だったんですよ。その友人も最近初めて知ったらしく、食べたことはないらしい。結構長いこと住んでたはずなのに、二人とも一度も知る機会がなかったんですよね。よく考えたら、そのお菓子以外にも、何一つ有名なお菓子系お土産は知らなかったわけですが。

さっそく、二人で食べてみることにしました。すると、どうでしょう。この何とも言えない味。サクサクを通り越して、スカスカな食感。ほんのり甘みがあるけれども、一瞬でフワッと消えてしまう。なんかこう、まったく食べた気のしない、そんなお菓子でした。

これが僕たちの県を代表するお土産なのか…。確かに「銘菓」って書いてあるし、ネットで調べてみても、県のお土産10選(誰が選んでるのかは知らないけど)に入っているので、県の中に限れば、有名なんでしょう。

しかし、この味かぁ。全国区で戦うには厳しそうだ。どうりで長年暮らしてても耳にしないわけだ。

全国区レベルで有名なお菓子系お土産があるっていうのは、すごいことなんだなぁ。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど