今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【広告】月額980円アマゾンの読み放題サービス『Kindle Unlimited

R-1ぐらんぷり2020感想:課金!

昨日3月8日に放送された「R-1ぐらんぷり2020」の感想です。ネタバレばかりです。

新型コロナのせいで無観客での開催でしたが、やっぱりおもしろさは少し減ってしまった気がします。芸人もやりにくそうでした。

Aブロック。メルヘン須長は科捜研の女のモノマネ。内容はSNSあるあるで、ネタに新鮮さが感じられませんでした。守谷日和は落語取り調べ。構成も落語もうまかったです。SAKURAIの歌は、微妙な線をついてきたのがいいですね。マヂカルラブリー野田のクソゲー。太ももが鉄。てっきり裸芸をするのかと思ってたけど、そういえば、R-1は裸芸No1を決める大会じゃなかったですね。ピンではこういうネタなんですね。時間が短く感じました。

Bブロック。ルシファー吉岡の飲みかけのコーヒー。それほど下ネタですかね。ななまがり森下の乳首が隠せない男。無観客でやるにはシュールすぎです。パーパーほしのの浮気を告白される男。じわじわは来ました。すゑひろがりず南條は、今昔の切り替え。漫才のネタを一人でやった感じ。勢いで森下が行くかと思ったんですけどね。そういえば、R-1は裸芸No1を決める大会ではなかったのでした。

Cブロック。ヒューマン中村の精神に話しかけてくる妖精。おもしろいし構成もよかったけど、妖精のほうがメインになってしまってるのが気になりました。おいでやす小田の巻き舌ヤクザ。巻き舌だけで乗り切るのは厳しいです。ワタリ119の高速フリップ芸。向上委員会から察するに、スベリ芸かと思ってましたが、わりとちゃんとおもしろかったのが意外でした。ズルいフリップの消費の仕方も見られましたが。大谷健太の高速早口言葉。1回目では半分くらい聞き取れて、絵を見て、2回目はちゃんと聞き取れました。すごいんですが、おもしろいかと言われると。

ファイナル。野田のクソゲー第二弾。自分ではやりたくないけど、悶々としてるのを見るのはおもしろい。最後のオチも笑ってしまいました。南條は歌の今昔。歌がしっかりしてましたね。大谷健太は一つ目よりは笑いどころが多かったと思います。全体を通してみても、野田の優勝で文句なしでした。

共有:
広告