今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

ハローワーク行く前から大ダメージ

昨日は国民年金の手続きの話をしましたけどね。先日ハローワークに行って、失業保険をもらう手続きもしてきました。すぐにはもらえません。まずは、受給資格の決定を行います。この手続きには、雇用保険被保険者離職票1・2、証明写真2枚、本人確認書類(免許証とか)、印鑑、本人名義の普通預金通帳が必要です。「メインバンクの通帳がweb通帳なので通帳はない」と言ったら、キャッシュカードで大丈夫と言われました。ちなみにキャッシュカードのないネットバンクとか外資の金融機関はダメっぽいです。

さて、この必要書類の中にある、証明写真。手元にいつもあるものではないので、撮りに行く必要があるわけです。よく駅前に自分で証明写真を撮れる機械があるじゃないですか。あそこまで撮りに行ったわけです。

僕が大昔にTOEICを受けるために証明写真を撮った時は、機械がかなり古くてですね。画面に枠が表示されていて、それに自分の顔を合わせるというものだったんですね。椅子をくるくる回してまずは高さを調整して、次に顔の位置をうまく調整して撮っていたんですね。なんで機械にあわせなあかんねん、って思いながらね。

時代は進歩しましたね。今回行ったときは、顔を自動で認識してくれるんですよね。そして、かってに枠が表示されて、そのままポンと作成ボタンを押せば完成ですよ。便利です。

便利です。えぇ、便利、なんですけれども、なんか違和感が。

なんかですね、2回3回やってみてもですね、なぜか顔認識がうまくいかないんですね。枠がうまく顔にフィットしないんですね。それで、「なんでだろう」としばらく証明写真の機械と戦っていたんですが、原因がわかりました。

どうやら、首が認識されていないらしい。

丸襟の服を着ていたんですけどね。そこから見える体の部分がアゴだと認識しているみたいなんですね。いやいや顔長すぎやろ、と。アゴどんだけ長いねん、と。「手動で調整する」ボタンを押して、枠の下の方を上にぐいっと押し上げてやりましたよ。

泣いたね、泣きましたね。泣き顔の証明写真が撮れましたね。もうね、機械ったらほんと残酷だし、もう就職できる気はしませんね。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど