今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

タクシーの運転手との会話が苦手だ

これ読みました。

タクシー運転手と絶品ラーメン食べに行ったら、予想以上におもしろかった | タクシー求人(ドライバー)募集中!互助交通有限会社(東京都墨田区)

若い人の採用を増やすためのタクシー会社の広告記事なんだけど、「タクシー会社で働きたい」って思ってない人でも楽しめる記事。その中の、とある運転手のセリフを引用。

おしゃべりが好きでお客さんにガンガン話しかけるタイプの人は、トラブルが増えちゃうんですよ。余計な事を言って怒らせたりとか。お客さんに限らず、人間はどこに怒るポイントがあるのかはなかなかわかりません。そもそも、話すこと自体が苦手なお客さんもいますし。少なくとも私はある程度線を引いて、業務以外のことは話さないようにしています

これほんと大事だと思う。

ずいぶん前の話だけど、後輩とタクシーに乗ったことがあって。目的地に着く前に後輩と仕事の話を簡単にしようと思ってたんだけど、タクシーの運転手がガンガン話しかけてきて、まったく仕事の話はできなかった。僕はそもそも上に書かれてる「話すこと自体が苦手な客」なので、できれば話はしたくない。基本的には、場所を確認した後は黙って走ってくれてまったく問題ない。もうほんとに、こっちの調子が絶好調、ってときしか話しかけることはないんだよね。

さっきの話の後輩と乗ったタクシーでは、結局僕は運転手の話にあいづちを打つのもめんどくさくなって、後輩に対応を丸投げした(我ながらひどい)。こっちが一緒に乗ってる人とプライベートな話をしたいときとか、眠くて寝たいときもあるので、そういうときは話しかけないでほしいなぁ。客によっては「沈黙は悪」と考えてる人もいるので、対応は難しいと思うんだけど。

運転手から軽い話題をふられたとき、「あんまり会話したくないな」って時には、わざと話をとぎれさせることがある。僕としては「そっとしといてね」っていう合図なんだけど、そこで会話を終わらせてくれる運転手は本当に素晴らしいと思う。「北風と太陽」の北風のように、「話題が悪かったか、ではこの話題ではどうだ?」みたいにガンガン攻めてくる人は本当に勘弁してほしい。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど