今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

『FNS27時間テレビ めちゃ2ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!』の感想をあっさりと

今年のFNS27時間テレビを見ました。やはり去年のSMAPの27時間テレビが凄かったこともあり、今年の27時間テレビはいまいちだったな。

個人的に一番よかった企画は、「ドリームカバー」歌謡祭。一流歌手がちょっと変わった曲を本気でカバーするという企画。クリスハートの「およげたいやきくん」、森山直太朗の「銭形平次」、華原朋美の「水戸黄門のテーマ」、持田香織の「ゲゲゲの鬼太郎」など、あり得ない組合せなのに内容が良かったのが多かったんだけど、やっぱり一番は、May J.の「嘆きのボイン」ですね。この曲、断らないんかい、っていう。曲のアレンジの壮大さから本気度が伝わってきました。やはり一流歌手の手にかかれば、豪華さも変わるんだなぁ。

「TED」っていうプレゼン企画は、もっとまじめにやってほしかった。出川のプレゼンは、話は下手だけど、途中まではいい内容。あえてオチをつける必要はなかったのに。他のプレゼンも、中途半端にボケるなら、まじめ路線でいった方がいいと思った。劇団ひとりは、突き抜けていたので、あれはあれでよかったけど。

寺田心のプレゼンはいらなかった。かわいいのはわかるんだけど、子どもをつかって言わせてる感があって、無理やりいい話にしてる印象があったなぁ。こういうまじめとか本気って言っといて中途半端なオチをつけるとか、無理にいい話にもっていこうとする演出が、テレビのピンチを招いてきたような感じがします。この「テレビのピンチを語りたい」というプレゼン企画自体が、テレビのピンチを象徴してるように感じました。

あと、全体を通して思ったのは、SMAP中居が出過ぎじゃないかってこと。途中、男気じゃんけんとかスポーツチャレンジとかで録画のコーナーはあったけど、それ以外はほとんどのコーナーに出てたよね。めちゃイケメンバーがあんなにいるんだから、いくつか代わって、もう少し休ませてあげてもよかったと思う。

ちなみに、一番おもしろいと思ったのは、ダイヤモンドエイジ本気の体力測定のコーナーでさんまが言ってた「ドン小西じゃなくて、どんくさい小西」。なぜかわからないけど、一番のツボだった。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど