今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

Tumblrと日時情報

Tumblrを使っている人の中に、「Tumblrは日時情報を出していない点がいい」と言っている人がいた。日時情報を出すことで、新しいうちは「この情報は新しい」とわかるが、時間がたつと「この情報は古い」と主張しているようになり、人々がその情報を重要だと思わなくなってしまう。だから、情報が回っていかない、と。

個人的にはこの考えには反対で、むしろ日時情報があったほうがいいと思う。誰が発言をしたか、どんな内容の発言をしたか、と同じくらい「いつ、その発言をしたか」も重要だ。すべてのネタに日時情報が必要なわけじゃないけど、日時情報があったほうがいいな、と感じることは多い。

僕のダッシュボードに流れてくるものは、ブログやニュースの一部、2chでのやりとりの一部、ツイッターやはてブコメントなどが多い。古いネタが多いので、どのネタも古いネタだと思いこんで見ているんだけど、たまにTumblrで見た直後にネットニュースで同じネタを見たりすることもある。そんなときには「あぁ、あれはこんな直近のネタだったのか」と驚いてしまう。

今は未確定なものでも、時間がたてば結果が出るケースは多い。その結果が出る前の発言なのかどうかは、そのネタを消費するのに重要な情報だと思う。問題が起こる前からその問題を指摘していたのか、それとも、問題が起こってから指摘したのか。こうした点でも、その発言の重要性は大きく異なる。

おそらく、最新の情報を取得するためにTumblrを使う、というのは間違っている。ほとんどの人は、他人がリブログしたネタを見るのがメインだろうから、情報の取得方法はすごく受動的だ。なので、どんな人にも価値があるであろう「最新情報」を求めるなら、ニュース系のサイトなどのもっと適したサイトがあるはずだ。

むしろ、時間がたっても価値のあるネタを掘り当てるのが、Tumblrの楽しみだと思う。そうしたネタの中には、時間に関係ないネタもあるけれど、発言タイミングでの状況を知っていたほうがおもしろみが増すものもある。なので、いつの時点でのネタなのかを知るために、Tumblrには日時情報が必要だと思う。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど