今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

Excel方眼紙って、何がダメなのかいまだにわからん

Excelの列幅を縦幅と同じにして、方眼紙のように使う、いわゆる「Excel方眼紙」というものがあります。これに批判的な意見をネットでよく見かけるのですが、正直、何がダメなのかいまだによくわかってません。

Excel方眼紙を使うことや、Excelをワープロのように使うことが、「本来の使い方じゃない」ことはわかります。でも、便利だったら問題はない気がします。道具を本来と違う用途に使うことなんて、他にもあるじゃないですか。Excelだけなぜダメなんでしょう。

むしろ、Wordが使いにくすぎる方が問題です。画像と並べたい、表を追加したい、このちょっとした願いを、Wordはことごとく邪魔してきます。「1回改行しただけで、そんなレイアウトになっちゃう?」みたいなことが頻繁に起きます。その上、おせっかい機能が多すぎです。

画像とテキストを並べて載せたいときは、WordよりExcel方眼紙の方がいいと、個人的には思っています。ソフトウェアのマニュアルなどは、Excel方眼紙の方が扱いやすいと思うんですよね。また、インデント付きの文章を考えるとき・書きたいとき(プレゼンの構成を考えるときとか)のメモでも、Excel方眼紙は使えると思います。

好きな場所に、テキスト・画像・表などを書こうとした場合、WordよりExcelの方が便利です。「Visioや他のツールを使え」という意見もありますが、Visioが使える人も使える環境も少ないので、選択しにくいです。それに、Visioは図表作成に特化しすぎていて、「そんなに高度な機能はいらないから、手軽に使えるもの」ということで、Excelに落ち着いてしまいます。

ただ、Excel方眼紙で、1マスに1文字入力する、みたいなのは、確かにダメだと思います。セルの結合を駆使しまくった結果、レイアウトがいじれなくなってしまう、というのもダメでしょう。

つまり、Excel方眼紙がダメっていうよりは、ダメなExcelファイルの使い方がある、ってことじゃないかと思うんですよね。Excel方眼紙自体がダメってことじゃないと思うんですが、どうなんでしょう。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど