今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

e-Taxが便利だった

ここ数年間、毎年確定申告をしてるんですが、今年初めてe-Taxを使ってみたんですよ。すごく便利ですね。「書き直せる」という安心感がすごい。

今年e-Taxに挑戦する気になったのは、「どうせ来年やるなら、今年からやるか」と思ったからです。来年からe-Taxじゃないと、青色申告特別控除額が現行の65万から55万に減ってしまいます。来年慌てて対応するなら、今年から練習しておこうと思いました。また、今年から、マイナンバーカードがなくても、ID・パスワードだけでe-Taxが使えるようになったのですが、これも今年やろうと思った理由の一つです。

ID・パスワード方式を利用するには、税務署に行かなければなりません。僕はすぐ行ける距離なのでいいのですが、人によってはこの時点で脱落しそう。まわりから丸見えの状態のPCにパスワードを入力させられたり、それがデカデカと印刷された紙を渡されたり、セキュリティ的に危険そうな方法がとられていて、そのあたりは不満でした。はじめの一回だけなので、まぁいいかという感じで。

家に帰って、e-Taxで申告書を作り始めたのですが、精神的にだいぶ楽ですね。もともと、事前に全項目をエクセル上で計算していたのですが、e-Taxでは自分の計算と確認しながら進められます。紙のときは合計や差額といった「自動で計算できる数字」も自分で書きこむ必要がありましたが、e-Taxでは画面上で自動計算されます。これと手元のエクセルの数字とを合わせながら進められるので、安心して作業できます。

間違っても書き直せる(紙の場合は複写なのでプレッシャーがデカい)点や、作業の途中で保存できるのもいいですね。例えば、紙の申告書だと、途中で作業を止めるのは間違いのもとですが、e-Taxの場合は、データをローカルに保存できるので、いつでも再開できるし、書き直しもできます。

マイナンバーカードとカードリーダーがなくても、2月15日より前に提出まで終わりました。素晴らしい解放感。ID・パスワード方式だと税務署からのメッセージが見れないという点がいまいちなのですが、もう紙には戻れない感じです。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど