今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

芸能人の薬物逮捕ニュースを見るとモヤモヤする

薬物の使用で逮捕されるニュースが定期的に流れてきます。その中には芸能人もいますが、薬物を使っていても普通に生活や仕事ができるものなんでしょうか。

前に、「ねほりんぱほりん」という番組で、過去に薬物を使用していた人が出ていましたが、その人の話では、薬物に依存してしまって、ろくに生活ができなくなる、ということでした。しかし、それだと芸能人も仕事ができなくなってしまうと思うのですが、逮捕されるまでは普通に仕事をしてたんですよね。売れてない人ならともかく、名前の知れた、継続的に仕事をしている人は、どういう状況だったのだろう。

以前、ある芸能人が薬物使用で捕まったときに、逮捕の少し前にとられたインタビューがニュースで流れていました。終始、受け答えがおかしく、異常なハイテンションで、ろれつが回っていない場面も多く見られました。まるで泥酔してるかのようでした。あれは使用した直後だからそうなっていただけで、長期間使用しないことも可能なのかな。そうだとすると、依存しないように使用することもできるんだろうか。例えば、酒に依存してしまう人としない人がいるように、人によって違うということなのか。

薬物の使用では、体にも異変が起こるという話も聞きます。歯や肌がボロボロになったり、激やせしたり、逆に激太りしたり。しかし、継続的に仕事をしている芸能人は、長期間にわたって人に見られているし、テレビ映像に残ってしまうわけだから、目に見える形で変化があれば、多くの人がおかしいと感じるでしょう。だれも気付かないということはないはずです。これは、量が少なければ、外見には影響が出ないということなんでしょうか。

薬物の使用はダメ、薬物を使用するとこんなことが起こってしまう、という教育を受けてきたものの、実際に捕まった人たちを見ると、そのときに言われてたことと食い違う点がいくつかあります。「ねほりんぱほりん」を見て感じましたが、実際の話は聞く機会は少ないです。しかし、触れてはいけない怖いことに触れそうなので、まじめに調べようという気持ちにはなれず、「なんでだろうなぁ、まぁいいか」を繰り返しています。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど