今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【広告】月額980円アマゾンの読み放題サービス『Kindle Unlimited

日本語むずかしい

Lang-8というサイトに登録してみた。前からサイト自体は知ってたんだけど、登録したのは最近。

外国語を勉強するためのサイトで、ユーザーが日記的な文章を書いて、それを別のユーザーが添削する、というサービス。僕が英語の文章を書いて、英語の話せる人に添削してもらう一方で、日本語を勉強している外国人が書いた日本語のテキストを、僕が添削する。添削する・されるのは義務じゃないし、「この文章を添削して」というような依頼もなく、自分のペースで取り組める。まぁ、普通は添削されたいなら添削すべきだとは思うけど。

登録してからいろんな日本語を読んでるんだけど、日本語は難しすぎる。間違えている文章を読むたびに、「これは間違えるよな」とか「こんなのいちいち覚えてられないよな」って思うことが多い。

例えば、最近見たのは、「私は家庭を行った。」という文章。”I went home.”と言おうとしていたみたい。逆に、「私は家に帰った」を英語にしようとしたら、”I went home.”以外の言い方ってあまりないだろうし、中学生くらいだったら答えられるシンプルな文だけど、逆に日本語にするのはかなりハードルが高い。全部ひらがなで書いたとしても。

“go home”は「家に帰る」だけど、確かになぜこれが「家に行く」ではないのかと考えると難しい。基本的に移動するときには「行く」を使うけど、自分のいるべき場所に移動するときは「帰る」になる。家に帰る、故郷に帰る、国に帰る、地球に帰る。”go back”なら「帰る」になるんだろうけど、文脈によっては”go”だけでも「帰る」になる。難しい。

「家」と「家庭」とか、助詞の使い方とかも説明しづらい。「うーん、なんかこれは変だな」っていうのはわかるんだけど、なぜ変なのかっていうのはよくわからないこともある。で、いろいろ考えてると、「普段なんて言ってるっけ?」みたいな混乱状態に陥ってしまう。

英語の勉強のためにやり始めたのに、いつのまにか日本語の難しさを目の当たりにしてる。日本語学習者って、相当大変なんだろうな。英語学習者より高いモチベーションが必要だと思う。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど