今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

今さらだけど、iPhoneの指紋認証が便利

先日、iPhone “4s”からSEに機種変更したんだけど、増えた機能の中で一番便利だと思ってるのが指紋認証なんですよね。

指紋認証は便利な機能ですが、抜け穴がいくつか指摘されています。例えば、この記事とか。

インクジェットプリンターでスキャンした指紋を印刷して、指紋を印刷した紙を使えば誰でもカンタンにスマートフォンの指紋認証を突破できる

スマホの指紋認証をインクジェットプリンターで印刷した指紋で突破 – GIGAZINE

特殊なインクと特殊な用紙を使うらしいので、「誰でもカンタンに」は言い過ぎだと思いますが、本人の指がなくても認証を突破できる例にはなっています。

ここまでしなくても、「自分が寝ている間に、誰かが自分の指をスマホにあててロックを解除する」という方法もありえます。これを回避するには、寝る前にiPhoneを再起動する(指紋認証使用時でも再起動後はパスコード入力が必要)方法や、指先の指紋ではなく指の腹や第一関節といったトリッキーな場所を登録しておく方法などがあるようです。僕は一人暮らしで、「寝ている間に解除」は起こりえないため、気にしてませんが。

これから解消していかなくてはいけない指紋認証の欠点はまだ残っていますが、現時点でもかなり便利です。今までは危険だと思いつつも、パスコードは設定していませんでした。面倒だし、人前でパスコードを入力すると数字を読まれてしまう危険性があると思っていたからです。

どの場所を押したかは、画面を見てなくてもだいたい予想できてしまいます。パスコードは入力頻度が多いので、バレる可能性も高いです。そのため、他で利用しているパスワードを使いまわすこともできず、専用のパスコードが必要で、面倒でした。「数字が読まれるくらいなら、設定しないでおこう」と思ってました。iPhoneを落としても、遠隔でデータを削除できるし、後で復活もできるし、大丈夫だろう、と。

ホームボタンを押して指をそのままにしているだけでロックが解除されるのは、快適です。今はまわりに人がいる環境でパスコードを入力する機会も減ったので、ちゃんと設定するようになりました。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど