今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?
【広告】WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

週刊少年ジャンプ編集部に固定カメラ100個置いた番組「100カメ」を見ました

これを見ました。

のぞき見ドキュメント 100カメ

週刊少年ジャンプ編集部に固定カメラを100個置いて、のぞき見するというNHKの番組。9月17日に放送済ですが、24日に再放送があります。

別番組の「72時間」を思い出す人もいるでしょう。72時間のほうはカメラマンとインタビューする人がいて、直接人に話しかけるシーンがあります。一方、100カメは、固定したカメラだけがあってインタビューする人はいません。垂れ流しです。独り言とか会話、電話内容などがそのまま流れます。

外部の人からの介入がないので、深掘りができないというデメリットはありますが、油断してしまった姿がそのまま見られるというメリットがあります。

番組を見ながら、「バクマン。」を思い出しました。社内の見覚えがあると思ったら、実写版の映画で見てたのとほぼ同じだったから、でした。「バクマン。」は、漫画家に寄った話がメインですが、編集部の視点から見るとまた別のおもしろさがありました。

担当替えの希望を出さない新人(「時間なかった」とか言っちゃう)とか、編集会議(映像は流れるけど、音声は流れない)の結果にブーブーいう人とか、打ち切りが決まってしまった漫画家に電話連絡するとか、漫画が作られている背景を見る点でもおもしろい。まったく同じ場面ではないけれど、どの会社でも似たようなことがあるなぁと実感できるのもいいですね。

最後の、HUNTER×HUNTERの話もよかったです。連載再開のタイミングで撮影があったんですねぇ。この話と打ち切りの話とが最後になかったら、ちょっとしまりが悪かったかもしれない。最後にすくわれる話になってよかったですね。

30分はあっという間で、ぜんぜん足りないです。1時間でもよかったんじゃないかと思います。今回のはおもしろかったですが、固定カメラを設置してくれる場所は少なそうなので、レギュラー番組化は難しいんだろうなぁ。機密情報まで撮られてしまう可能性が高いので、OKを出す会社はまずなさそう。他の企業をのぞき見したいという気持ちはありますけどね。

見てない方は、24日午前11時20分からの再放送をぜひ。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど