今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

R-1ぐらんぷり2019感想:下から、もらいもん、もらいもん、60万

昨日3月10日に放送された「R-1ぐらんぷり2019」の感想です。ネタバレばかりです。

そもそもですが、客の反応がわざとっぽくてめんどくさかったですね。

Aブロック。チョコプラ松尾のIKKOモノマネは、ふだん見てるしなーっていうのと、詰め込んだだけだしなー、って感じがして、出たときがおもしろさのピークでした。クロスバー直撃・前野も、一番初めの輪ゴムが一番だったなぁ。セルライトスパ・大須賀は、一人ネタではありがちな一言ネタなんだけど、小声でやるっていうのが新鮮でした。小声でやることで、みんなの注目を集める、という。

Bブロックは、ルシファー吉岡の、女子高と合併する男子高の先生。クラスの半分はペガサスになる。それと、マツモトクラブの、真実を見抜く犬。マツモトクラブは、過去の決勝でも何度か見てて、あまりおもしろく感じなかったんだけど、今回のは結構おもしろいと思いました。この2組がよかったかな。個人的には、粗品のフリップ芸はあまりおもしろく感じないんですよね。

Cブロックのダーリンズ松本。まさかヅラネタとは。ヅラにはぜんぜん気付かなかった。河邑みくの大阪に偏見を持つ人のネタは、大阪人とか関西人向けにはよさそうだけど、他の人にはあまりピンとこないかも。敗者復活の岡野陽一、どこかで見たことがあると思ったら、キングオブコントにも出てた人だったんですね。しかも、解散していたとは。おもしろいことをいいそうな雰囲気はあるんだけど、ネタの方向性がぶっ飛びすぎてたかな。女性客が引きすぎててやりにくそうでしたね。

最終、セルライトスパ大須賀は、「へぇ、方向性を変えてあたらしいことをやるんだ、勇気あるなぁ」と思わせておいて、実は見た目が違うだけで同じパターンでしたね。1本目のときのほうがクオリティは高かった気がするけど、下敷きネタを入れてくる技とかもあって、全体的におもしろかったです。個人的には、粗品のネタよりも好きでしたけどね。ダーリンズ松本は、さすがにネタの種類が少ないですかね。一言ネタのほうが受けていたので、2本目はしゃべりメインでいってたほうがよかったのかなぁ、と思いました。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど