今日も8時間睡眠
8時8分888文字。何それ?

インボイス制度はたしかにインパクト大きそうだな

まだ完全に理解しているわけではないけど、インボイス制度はたしかに弱小フリーランスにはインパクトは大きそう。

消費者がモノを買うとき、一緒に消費税も払います。その消費税は、いったん売った人が預かることになります。売った人は、預かった消費税から、自分がモノを買ったとき(仕入れとか経費とか)に払った消費税を差し引いて、毎年納めることになります。

ただ、今の制度では、売上が1000万に行かない中小企業や個人事業主は、消費税を納めなくてもいいことになっています。まぁこれは批判されてもおかしくないもので、普通に考えれば、いつかは是正されるものだと予想できます。消費税が上がってくれば、益税となる金額も大きくなるので、税率が上がるごとに問題にもなりやすいです。

で、その修正が、この10%になるタイミングというわけです(実際にはもう少し先ですが)。

軽減税率を導入するので、請求書に税率ごとに消費税を書かなくてはいけないことになります。このような請求書を、インボイスという新たな名称で呼びます。

名前の変更だけではありません。「インボイスを発行できるのは、課税事業者、つまり、消費税を納める事象者だけに制限する」というおまけつきです。免税事業者は、消費税を請求することができません。新しい請求書に名前をつけて制度を変えるために、軽減税率を導入したのかと思うレベルです。

軽減税率で8%になる商品は、食料と新聞です。これらを売上にまったく含まない事業者が多数なのに、このインボイス制度導入は全事業者が関係します。いつかは是正されるとは思っていたけど、フリーランスの働き方を推奨するような政策も出てきている中でやるとはなぁ、という印象です。

消費税の計算では、仕入れの計算部分が大変ですが、今ある簡易課税制度(売上5000万円以下が対象)では、売上にみなし仕入れ率を掛けて計算していいことになっています。これもなくなると、本当に事務コストが凄まじいことになるので、さすがにないと思いたいです。

本来納めるべき消費税を納めるようになるのはぜんぜんいいのですが、事務コストが激増するのはやめてもらいたいです。

共有:
広告
日付の近い記事
関連しない記事(ランダム)
姉妹サイトなど